森田昇

次世代人材教育研修センター 所長
中小企業診断士・IT企業専門定着率向上プロデューサー

氏名
森田昇(もりたのぼる)
役職
次世代人材教育研修センター 所長
肩書き
IT企業専門定着率向上プロデューサー
取得資格
中小企業診断士
キャリアコンサルタント
応用情報技術者
所属
あさみコンサルティング 代表
東京都中小企業診断士協会三多摩支部所属
一般社団法人リベラルコンサルティング協議会理事
日本プロフェッショナル講師協会認定講師
プロフィール
大学卒業後、手に職つけよう、時代はITだ!と、文系なのにエンジニアとしてIT業界の下請け企業に新卒入社。

しかし、IT業界の下請け企業は自社エンジニアを顧客先へ短期間の派遣を繰り返すばかりで、まったくプログラミング技術が身に付かず。結局、業界内で9回の転職と20以上の客先常駐プロジェクトを経験するも、誇れる技術は何一つ身に付かなかった。

30歳で技術者としての道は諦めて経営を学び、中小企業の取締役副社長に転身。社内制度改革、財務経理に顧客開拓まで社長の片腕として経営全般に携わる。

ところが就任1年目から売掛金2,000万の取引先が夜逃げ、回収で裁判沙汰、会社の預金残高が0になる、とギリギリの資金繰りを経験することに。社員の半分をリストラし、その責任を取る形で自分自身も退職した。

失意のまま再び客先へ派遣される日々を送るも、経営に携わった経験を活かしたマネジメントでチームの生産性向上に成功。プロジェクトマネジャーへ昇格し、自社請負のプロジェクトを複数任されるようになる。

その後、会社経営で身に付けた知識と経験を体系化したい思いと、キャリアの流浪者を生み出し、技術者として必要な技術が学べないIT業界の構造を変えたいとの想いから、コンサルタント資格である中小企業診断士を目指す。

2016年に中小企業診断士に合格し、独立。現在は中小IT企業を中心に定着率向上のコンサルや企業研修を中心に活動中。